OJT・OFF-JTとは?研修目的の違いとメリット・デメリット

OJT・OFF-JTとは?研修目的の違いとメリット・デメリット

OJTとOFF-JTは、ともに新人の人材育成の代表的な方法です。この2つの研修の具体的な内容と目的はしっかり理解されていますか?
OJTはOn The Job Trainingの略で、仕事を通じての人材育成、OFF-JTはOff The Job Trainingの略で、実務を離れた場にて集合研修で行う人材育成です。

今回は、OJTとOFF-JTの違い、各々のメリット・デメリット、期待される成果に関してまとめました。

目次

OJT・OFF-JTとは?

OFF-JTでは、座学・集合研修などを通じてビジネスの一般知識・業界の一般知識を学びます。働くに当たっての基本をインプットし、基礎を作るのが目的です。基礎ができても、それが実際の仕事の現場で使いこなせるかは別の問題。実際に現場での仕事を通じて基礎をアウトプットするためにOJTを行います。

OFF-JTで身に付けた知識をOJTで実践し、現場での詳細を把握し成長していくのです。従ってOJTとOFF-JTは連動して行うものであり、どちらか一方のみで成立するものではありません。

OJTのメリット・デメリット
このようにOJTとOFF-JTは、密接な関係にあり、どちらか一方だけで完結するものではありません。それぞれのメリット・デメリットを考察してみましょう。
まずOJTのメリットとしては、実際の現場で仕事をするノウハウが実践を通じて身に付くということが挙げられます。対してデメリットは、仕事の現場での実務は偶然の要素が多く、必要な要素を体系立てて網羅することが困難であることといえます。
OFF-JTのメリット・デメリット
では、OFF-JTのメリット・デメリットはどうでしょうか?
OFF-JTのメリット
・必要な要素を体系的に網羅して学べる
・一斉に行える
・社内外から専門知識を持った講師が呼ぶことができる
・集中して教育ができる
OFF-JTのデメリット
・基本的な知識だけでは実践に役に立つか否か不明
・従業員の拘束時間が売り上げに直接結びつかない
・会場・講師・テキストに経費がかかる

OJT・OFF-JTの今後の課題

OJTとOFF-JTは、今後どのような課題が考えられるでしょうか?

そもそもOJT・OFF-JTが必要な理由
OJTとOFF-JTの相乗効果に関しては、色々な考え方があります。企業の中には、様々な事情から研修はOJTのみというところも少なくはありません。「基礎知識は働きながら身に付くはず」という意見の方もいらっしゃるでしょう。
しかし、通常業務を行いながらの指導・育成には限界があるのではないでしょうか?組織の中では、繁忙期・閑散期が混在します。また、指導的立場にある人の指導力にも個人的な差が存在します。このような環境の違いの中では、指導しなければいけない大切なことが不足してしまうという問題が出てくるでしょう。OFF-JTで基礎・基本の知識を身に付けておけば、指導に関して十分と言えない環境でも、ある程度はOJTを進めていけるのです。
うまく運用できない背景
OJTとOff-JTを組み合わせて研修を実施している中で、運用がうまくいっていないケースを見てみましょう。Off-JTはプログラム内容がしっかり検討の上で準備されていれば問題なく進みます。一方、OJTで苦戦するケースは多々あるようです。それには以下のような理由があります。
・現場での指導的立場である担当者の指導に割く時間の確保が困難
・現場の人員がOJTに関して理解していない
・現場の人員が長期的視野で業務指示を行えない
・担当者に指導者としての適性が不足している
OJTをうまく活用するための方策
上記のような問題を解決するためにはどうしたら良いのでしょうか?解決策を確認していきます。
人事担当者による全体の管理
人事担当者による研修全体の管理が大切です。Off-JTは人事部門で行いOJTは配属された現場で行うのが一般的ですが、人事担当者が双方の研修の内容と目的・進捗状況を把握し、長期的視点で人材育成を行います。人事担当者はOff-JTが終了してもOJTの内容を常に把握し、人材育成の進捗状況を管理していくことが望ましいのです。
OJTの準備
OJTは、たまたま忙しい業務を手伝ってもらうだけの事態になりかねない研修です。そのようなその場しのぎの状況を避け、成果を伴う研修にするためには、事前準備が必要でしょう。人事部門の担当者と現場の担当者は、しっかり連携し、Off-JTの内容と連動した受け入れプログラムを用意しておきます。
意識的な環境整備
また、受け入れ現場における人員全員の意識の持ち方も大切です。担当者を中心に新入従業員を迎えてサポートしていくという気持ちをその職場の全員が持っていれば、緊張している新入従業員も安心してOJTに取り組めます。OJTは、受け入れる側が成長する機会でもあるということを、しっかり理解してもらいましょう。

OFF-JTとOJTがもたらす効果

OFF-JTとOJTは人材育成以外にどのような効果をもたらすのでしょうか?

業務フローの見直し
OFF-JT・OJTはともに新入従業員の方のための人材育成プログラムです。一方で、組織全体及び関わる従業員全員の成長を促すプログラムでもあります。それはなぜでしょうか?
OFF-JTの内容の詳細を決定する際は、社内の業務内容の基本・基礎を体系的に整理することになります。当然非合理的で無駄が多く慣例でしかない事柄が明らかになるでしょう。
同時に不足している部分や手薄な箇所も顕著になります。特に近年、社内で使用されている仕事に必要なツールが急速にIT化・デジタル化されている環境では、業務フローを見直すいい機会になるでしょう。
OJTを実行する受け入れ現場にも同じことが言えます。受け入れOJTプログラムの検討の際は、人事担当者とよく相談して、業務内容に無駄がないかしっかり見直しましょう。
社内的な連帯強化
人事部門と現場が一体となって人を育てていくことで生まれる仲間意識や協調性は、企業にとってかけがえのないものです。過剰な馴れ合いは不要ですが、組織に属して働く以上、仕事はチームプレーですから、信頼関係は何より大切です。研修を機会に社内的な新たな人のつながりができることもあるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?OFF-JTとOJTは、その目的をしっかり理解して準備・実行すれば、研修対象者・研修準備者・研修準備部門にとって業務内容を見直しブラッシュアップできるいい機会です。また組織にとっては、人材育成と同時に生産性向上につなげる機会を作ることになります。従業員同士の信頼関係を強化するきっかけともなり得るでしょう。

「研修」という言葉からはどうしても堅苦しい義務感がイメージされてしまいますが、そういった先入観に惑わされることなく、自分の労働環境・職場の人間関係を良い方向に向かわせる絶好の機会と考えて取り組みましょう。その気持ちがあれば、OFF-JTとOJTはあなたの職場に相応の成果をもたらしてくれるはずです。

イベント・セミナー虎の巻 特別企画

  • 【初心者必読】成功するイベント・セミナーの作り方
  • 【集客セミナー塾】セミナーで大きく差がつく小さなこだわり
  • 「会議HACK!」とは?

人気記事ランキング

最新インタビュー

新着記事

会議あるある川柳(会議のオキテ)

ゴールなき だらだら会議…【会議のオキテ09】

タグ

PAGE
TOP