研修や会議などのイベントをリアルで開催するための意識調査の報告

研修や会議などのイベントをリアルで開催するための意識調査の報告「研修や会議などのイベントをリアルで開催するための意識調査」に関するアンケートを実施いたしました。
■アンケート主旨

2021年9月30日に緊急事態宣言が全面解除となり、行政が定めるイベントの開催制限も緩和され、リアルでの各種イベント開催に向けた動きが加速するとみられております。

特に企業内では、この2年の間、研修や会議が強制的に中止もしくはオンライン化されたことにより、逆にリアルイベントの価値が見直され、2022年にむけてはリアルで開催する動きを模索している企業も多いといわれております。

そこで、MICE(BtoB)分野の中でもインナーイベントといわれる企業内での研修や会議ついての実態を把握するた、「研修や会議などのイベントをリアルで開催するための意識調査」に関するアンケートを実施いたしました。

オミクロン株の流行により第六波の警戒も高まってはおりますが、withコロナ、またアフターコロナに向けて企業の”リアルでのイベント開催”に対して現状どのようなニーズや課題があるかを分析し、今後の会場利用に関する動向についてを考察していきたいと思います。

*レポート内の文言の説明
「リアルイベント」・・・オンラインではなく人が集まって実施をするイベント
「ハイブリッド」・・・・リアルイベントと同時にオンライン配信も行うイベント
目次

アンケート実施概要

目的:withコロナ、またアフターコロナに向けた企業内におけるリアルイベント開催についての実態把握
対象:会社員の方
回答期間:2021年11月26日(金)~2021年12月17日(金)
回答数:84件

【回答者データ(属性)】
あなたは会議や研修などのイベントを主催する立場ですか?

【回答者データ(業種)】

【回答者データ(職種)】

【回答者データ(役職)】

【回答者データ(従業員数)】

■回答者属性データより
「あなたは会議や研修などのイベントを主催する立場ですか?」の回答結果より、主に主催者が37%、主に参加者が52%、両方が11%となった。立場別に見た業種や職種、役職の分析を行ったところ、主に主催者では「人事・総務部門で課長以上」が、主に参加者では「営業・マーケ部門で一般社員」が多い傾向だったことから、本アンケート回答はMICE(BtoB)分野でのイベント開催の世相に近いものと推測します。

アンケート調査結果の考察

「主に主催者」の集計より、リアルイベント(ハイブリッド形式のイベント含む)の開催計画について、『既に実施した』『計画がある』で67%、『今後計画したい』『やりたいが、今は計画がない』までを含めると75%と高い割合でリアルイベント開催の意向があることがわかりました。また、実際にどのようなリアルイベントを開催または計画しているかも分析したところ、いずれも、リアル開催だけではなくハイブリッド開催での開催または計画の意向の割合が高いこともわかりました。『計画がある』『今後計画したい』に限定すると、「社内会議・ミーティング」「パーティ・懇親会」が既に実施したからは大きく上昇しており、オンラインでは醸成しづらいコミュニケーションを必要とするイベントへのリアル開催またはハイブリッド開催の機運が高まっているといえそうです。
また、イベント開催にあたり外部会場の利用については、『既に実施した』が28%であったのに対して『計画がある』『今後計画したい』では67%と、コロナ禍でできるだけ内部施設を利用してきたところから、外部会場を借りての開催も検討が進んでいることがわかりました。

外部会場を選択する際のポイントとしては、従前と変わらず『料金』『アクセス』が高いものの、次いで『施設の感染症対策状況』が入り、感染症予防への意識が高まっていることがうかがえます。また開催の障害となっているのは『政府の方針』や『感染者数』『開催に対する世間の反応』が高く、感染症対策そのものや会場選びよりも、企業や会社としてコロナ禍で開催に踏み切るための体裁や後押し、材料に欠けているのが現状と言えそうです。

2022年年明けからオミクロン株の流行、第六波への警戒とまだまだ多くの企業では二の足を踏む状況が続き、会場の雰囲気や設備と同様に感染症対策状況が当面の施設選びのポイントにはなりそうですが、安心・安全と同時に新たなイベント開催の手法としてのハイブリッド形式での開催というニーズはコロナ収束後ますます高まっていくと予想されます。「ハイブリッド開催」のhow toやメリットを伝えていくことで、withコロナでの安心・安全なイベント開催はもちろん、来たるアフターコロナに向けてリアル会場開催の価値を見直し、また高めていくものと思われます。

【主催者側のお立場の方にお尋ねします。】
■Q1.現時点で、リアルイベント(ハイブリッド形式のイベント含む)の開催計画がおありですか?

■Q2. 「実施した」「既に計画がある」「今後計画したい」の方にご質問します。
どのようなリアルイベントを実施、または計画されていますか?(複数選択可)

リアル+ハイブリッド割合

■Q3.リアルイベントは外部の会場やスペースを借りて実施・開催される予定ですか?

【主催者側のお立場の方にお尋ねします。】
■Q4.感染症予防対策で施設にあると安心と思う備品やサービス、
また欲しいと思う備品をお書きください。

【主催者側のお立場の方にお尋ねします。】
■Q5.外部施設を選択する際にポイントとなることは何ですか?
優先度の高いものを3つチェックしてください。

【主催者側のお立場の方にお尋ねします。】
■Q6.施設を利用する際に、「事前に欲しい情報」や「こういう施設であれば使いたい」
という点があれば教えてください。
既に実施された方は、「事前に知っておきたかったこと」や「次回選定に向けての改善点」があれば
教えてください。

【主催者側のお立場の方にお尋ねします。】
■Q7.リアルイベントを開催するために障害となっている、またはなりそうなことは何ですか?

【主催者側のお立場の方にお尋ねします。】
■Q8. withコロナ~afterコロナでのリアルイベント開催に対して
期待することや知りたいことがありましたらご記入ください。

貸し会議室検索サイト会議室.COM
国内最大級の貸し会議室検索サイト会議室.COMでは、様々な目的から全国で貸し会議室の検索が行えます。
駅近や・宿泊可能の施設をはじめ、人気の展示会場や、おしゃれなイベントスペースなどご希望の条件に合わせた施設・会議室をお探しいただけます。

貸し会議室検索サイト「会議室.COM」で施設検索する!

インボイス制度対策セミナー|OBC
「会議HACK!」とは?

人気記事ランキング

最新インタビュー

新着記事

会議あるある川柳(会議のオキテ)

効率化 実現めざし…【会議のオキテ06】

タグ

PAGE
TOP