セミナーの集客力を高めるために今すぐできる4つの方法

セミナーの集客力を高めるために今すぐできる4つの方法

セミナーを開催しても、参加者が思うように集まらなければ、次につながる可能性は残念ながらほぼゼロでしょう。セミナーを成功させるためには、集客力を高めて多くの参加者を得ることが大切です。そこで、自社セミナーに多くの参加者を呼び込む集客方法についてご紹介します。

目次

セミナーの集客方法はひとつではない

セミナーの告知や集客を行う手段が、自社のブログやホームページのみという場合、集客の機会を逃している可能性があります。そこで、今すぐできる4つの集客方法と運用のヒントをまとめました。

1 自社内での集客
一番手軽なのが、自社内で行う集客です。自社サイトや発行しているメールマガジン上で告知する、既存顧客に直接声を掛けるなどのほか、社外に出すメールの署名欄に告知を載せることもできるでしょう。
この方法は、「すでに自社に興味を持っている可能性が高い顧客や顧客予備軍」に直接働きかけができるという大きなメリットがあります。
その反面、働きかけられる人数に限りがあり、決まった方にしか呼びかけができないというデメリットもあります。メールマガジンはもちろん、公開されている自社サイトでの告知も、そもそも興味を持ってサイトを訪れてくれた人の目にしか触れることはありません。
しかし、ほかの手段と比べると高い集客率が期待できますから、自社内での集客アクションは必ず行うべきです。しかし、自社内での集客は新規顧客の開拓やアピールにはそれほど効果的ではありません。そのため、この方法に頼り過ぎてしまうと、セミナー本来の目的を達成できない可能性があることも覚えておきましょう。
2 SNSでの集客
自社のFacebookやTwitterなどで企画の告知を行うこともできます。
特にFacebookには、イベント機能や招待機能などがあるため、集客に向いているツールといえるでしょう。参加/不参加の表明も、ステータスを変更することで気軽にできるため、イベントに招待された側のハードルが低いことも特徴です。
イベントページを作成する際は、セミナーの内容がひと目でわかるように、ページ上部にアピールしたい情報を固めて表示しましょう。また、一度だけ投稿して更新をしなかったり、同じ内容の再投稿を繰り返したりするだけでは、参加者の増加は望めません。新たな情報や写真を随時公開していくことで、招待者の興味を惹くようにしましょう。
ただし、Facebookでの集客には注意すべき点もあります。気軽に応募できるため、参加者が参加表明をしたことを忘れたり、参加費の入金がいつまでもなかったりということが起こりがちです。このようなトラブルを避けるために、外部のチケット販売ツールや参加者管理ツールなどのサービスを利用することをおすすめします。Facebookのイベントページにこれらへのリンクを貼れば、未入金やドタキャン率を低くすることができます。同時に、参加者にはリマインダーメールを定期的に送るようにしてください。
3 有料広告での集客
自社サイト内の広告よりSNS上の広告のほうが、より広く集客をすることが可能といわれています。しかし、それでも元々つながりを持っていない相手(自社のFacebookページをフォローしていない人)に広く周知することは困難です。
そこで役立つのが、Facebook広告やPPC広告といった有料広告です。リスティング広告を利用したり、セミナーポータルサイトや専門メルマガに広告を出したりするなど、ピンポイントで興味を持っている方向けにセミナーの情報を提供してみましょう。
4 人的なつながりからの集客
自社の顧客を誘う方法に似ていますが、より個人的な人間関係を利用して集客することも可能です。友人や知人、以前のセミナー参加者など個人的な関係ができている人、外部から講師を招く場合はその講師のつながりを利用して、興味がありそうな方に働きかけを行います。
人と人とのつながりで行う集客ですから、ほかの集客方法に比べると参加率は高くなる傾向があります。しかし、無理な誘いは相手の気分を害してしまう可能性がありますし、今後の関係を悪化させるおそれもあるでしょう。集客に協力してくれた人には何らかの見返りをするなど、相手への感謝を忘れないようにしましょう。また、良識の範囲内で、相手との関係性も考えた方法や文言で誘うことが大切です。

セミナーの集客力を高めるためには、さまざまな方面に幅広い告知を行うことが大切です。ひとつの方法にこだわるのではなく、「より多くの情報」を「必要としている方」に届けられそうな方法を試してみてください。また、参加者が「どの媒体(方法)でセミナーの存在に気づいたか」を調査したり、メールマガジンの「タイトルによる開封率の違い」や、サイト上の「記事の見出しによるアクセス数や滞在時間の違い」を調べたりするなど、次の集客につなげるための調査や分析も忘れずに行いましょう。

貸し会議室検索サイト「会議室.COM」
国内最大級の貸し会議室検索サイト会議室.COMでは、様々な目的から全国で貸し会議室の検索が行えます。 駅近や・宿泊可能の施設をはじめ、人気の展示会場や、おしゃれなイベントスペースなどご希望の条件に合わせた施設・会議室をお探しいただけます。
貸し会議室検索サイト「会議室.COM」で施設検索する!

会議室.COMでは、目的にあわせた特集をご用意しているので、希望にあった会場が見つかります!
・東京23区おしゃれな会議室特集
・ホール・展示場利用でおすすめの施設特集
など。会場を探している方はご参考ください!
また、ご希望の会場を一括手配する「専門家に相談」サービスもご用意しております。 > 専門家に相談する!
「会議HACK!」とは?

人気記事ランキング

最新インタビュー

新着記事

タグ

PAGE
TOP