社会人なら当然!席次と上座のルール【会議・打ち合わせ編】

社会人なら当然!席次と上座のルール【会議・打ち合わせ編】

会議や打ち合わせなどで客先の会議室に通されたら、いったいどこに座るのが正解なのでしょうか?席次は、社会人として押さえておきたい常識のひとつです。会議や打ち合わせをする際、最初から相手に不快感や不信感を抱かせないためにも、基本のルールを知っておきましょう。

目次

そもそも上座と下座って何だっけ!?

席次というのは、「どこに誰が座るか」という席順のことで、おもに会議や式典など、公式な場面で使われる言葉です。上座というのは目上の方や年長の方をお通しする「良い席」のことで、下座というのは集まりの中で、立場が下の人間が座るべき席のことです。
客先の方と会議や打ち合わせをするときは、この「席次」の考え方を前提に席を選びましょう。決して、「会議室に入った順に詰めて座る」ということがないようにしてください。

「入り口から遠い席が上座」基本中の基本はこれだけ!

席次のルールは、机の形や人数、場所などによって細かく分けられています。しかし、一番の基本となるルールは非常にシンプルです。
そのルールとは、「出入り口から遠い席が上座、近い席が下座」ということです。

昔から、出入り口から遠い場所というのは、床の間や飾り棚が置かれることが多い神聖な場所でした。会議室にはこうした設備はありませんが、静かな落ち着く場所であることに変わりはありません。
実際に会議室に座ってみるとわかりますが、出入り口に近い席は、人の出入りがあったり、廊下に近かったりして落ち着かないものです。

出入り口から遠い「良い場所」に目上の方をお通しするというおもてなしの心が、席次ルールの基本です。社会のルールを知ることも大切ですが、ただ形式的にそうするのではなく、目上の方を敬い、心地良く過ごしていただくという原則を知った上で実践してみるといいでしょう。

会議室での具体的な席次は?

机を挟んで対面で座る形式の会議室では、「出入り口に一番近い席」が下座となります。続いて「その隣の席」「下座の向かいの席」「その隣の席」という順番で、立場が下の方から座っていきます(席が4人分の場合)。
つまり、自社の人間2人とお客様2人の4人で打ち合わせを行う場合は、出入り口側に自社の人間が2人並び、向かいの上座側にお客様2人が並ぶことになります。
上座側と下座側それぞれで座る順番は会社の中での地位や役職によって決まりますが、同じ立場の場合は年齢が高い方が良い席に座ります。

ただし、議長がいるような大人数での会議の場合は注意が必要です。議長席は、一般的に入り口から最も遠い、全体を見渡せる場所に作られます。この場合は、議長席が一番良い席となります。そして、参加者の席次では議長の両側のうち出入り口から遠い側が1番目、その向かい側である議長の反対隣が2番目、1番目の席の隣が3番目…以降4、5、6という順番になります。

応接室での具体的な席次は?

1~2名程度で客先を訪問した際や、お客様をお迎えした場合は、会議室ではなくソファのある応接室に通されることもあるでしょう。
この場合も、基本的には入り口に近い側が下座、遠い側が上座となります。
複数人で座るような長ソファは、原則として出入口から遠い側に設置されています。なぜなら、一人掛けのソファよりも長ソファのほうが良い席とされているからです。

客先を訪問するときは、案内をしていただいた時点で座る場所の指定があることも多いでしょう。しかし、言われたままに座るのと、「上座をすすめてくださったのだな」と思って座るのとでは、気持ちも違ってきます。
また、席次のルールを知っておくことで、自社にお客様がいらしたときも、対応を間違えずにきちんと上座をおすすめできるようになります。
社会人として、会議室や応接室で着席する際の席次は、しっかりと理解しておきましょう。

あわせて読みたい

こちらもオススメ

  • 研修・合宿施設検索サイトCO-MIT(コミット)なら、①研修会場から宿泊情報まで豊富な情報から施設を探せる!②専門家に相談して一括手配できる!詳しくはこちら

イベント・セミナー虎の巻 特別企画

  • 【初心者必読】成功するイベント・セミナーの作り方
  • 【集客セミナー塾】セミナーで大きく差がつく小さなこだわり
  • 「会議HACK!」とは?

人気記事ランキング

最新インタビュー

新着記事

会議あるある川柳(会議のオキテ)

決めるのは いつも会議に…【会議のオキテ05】

タグ

PAGE
TOP