リーダーシップ研修で何をする?研修の目的と効果的なプログラム

リーダーシップ研修で何をする?研修の目的と効果的なプログラム

リーダーシップ能力は持って生まれたものではなく、誰でも学びながら習得できることをご存知でしょうか。企業を取り巻く環境の変化は激しいものですが、それでも生き残って会社を繁栄させるためには、ひとりひとりがリーダーシップを備えている必要があります。

企業向けのさまざまな研修がありますが、今回はその中でもリーダーシップを育てる研修について、その目的や内容を見ていきましょう。

目次

リーダーシップ研修の目的と対象者

リーダーシップ研修はなぜ必要なのでしょうか。実践を踏まえながら徐々にスキルを身につければいいのでは?と思う方もいるようですが、実際に多くの企業でリーダーシップ研修はおこなわれています。 研修の目的やリーダーに求められる能力とは何か、また、研修に参加する対象者とはどのような人たちを指すのでしょうか。
研修の目的
【リーダーシップについて知る】
改めて聞かれてみると、「そもそもリーダーシップって何?」と考えてしまう人も多いようです。一般的には、先頭に立って皆を引っ張るという認識がありますが、実はそれだけではありません。 ひとことにリーダーシップといってもその種類はとても多く、論者の数だけ種類があるともいわれています。
カリスマ型や変革型と呼ばれるリーダーシップもあれば、脇役に回ってフォローをするサーバント型、感情に働きかけることで結束力を高めるEQ型リーダーシップなど。 ほかにも多種多様なリーダーシップが存在するため、これまでイメージしてきたものとは違う印象を受ける人も多いでしょう。
これまで、リーダーシップの種類についてなど考えたことがなかった人も、研修に参加して知ることで、理想のリーダー像を見出すことが可能です。
【リーダー職の役割を理解する】
リーダーシップの基本を理解したところで、次はリーダーとしての役割について認識しましょう。さまざまな種類のリーダーシップの中から、今自社に必要なリーダーシップはどのタイプなのかを把握することで、 社内における自分のポジションについても再認識できるようになります。リーダーとしてチームの仕事をどのように管理するか、管理の基本であるPDCAについても学べるはずです。
【求められる能力について知る】
研修では、リーダーに求められる能力とはどのようなものか、さまざまな観点から学ぶことができます。現状を把握し、さまざまな問題について的確な行動をする判断力、課題認識から解決までのビジョンを明確にする課題認識能力などがそれです。 ほかにもリスク認知能力や目標管理能力、組織運営能力など、リーダーとして備えておきたい能力について幅広く習得できるでしょう。
研修の対象者
リーダーシップ研修は多くの企業でおこなわれますが、主な参加対象者となるのは以下のとおりです。
【中堅社員】
まだ役職には就いていないものの、若手社員とは違って会社のことを一通り理解しており、ある程度の業務は1人でこなせるのが中堅社員です。そんな中堅社員には、現場で感じたことや問題の改善点など、 自発的に上司に相談・提案できる能力が求められます。
次世代リーダーの育成準備として、中堅社員の時期からリーダーシップ開発をおこなう企業は増えているようです。
【管理職】
上司と部下のパイプ役をしながら、自身の業務もバリバリとこなさなければならない管理職は、一番業務を理解していなければなりません。 しかし、管理職だからといってリーダーシップに長けているとは限らず、「役職や肩書きだけのリーダー」も少なくないのです。
ただ指示された仕事だけをこなす若手時代とは違い、戦略を立てたうえで最善の判断・行動をしなければならない管理職は、求められる能力も多岐にわたります。
【幹部候補】
やがては企業の経営に関わるポジションに就く人材で、大きな期待が寄せられるのが幹部候補です。一般社員とは違った観点からさまざまなことを予測して、判断・決断する実行力が求められます。

リーダーシップ研修の方法

実際にリーダーシップ研修をおこなうにあたり、おおまかな流れとポイントを見ていきましょう。

研修の目的及び対象者の決定
次世代リーダーの育成を目的としているのか、または中堅社員や管理職のスキルアップが目的なのか、それによって研修の内容を決定します。
研修のメニューは企業によってさまざまですが、変革型リーダー研修や次世代リーダー研修のほか、チームマネジメント力や現場マネジメント力の強化、コミュニケーション能力のUPを図る研修などが一般的なようです。
また、近年は女性の管理職も増えてきているため、リーダー研修の中には女性に特化したメニューを用意している企業もあります。
研修のスタイルを決める
研修は、自社の会議室などに講師を呼んでおこなうこともありますが、専門の研修会社に外部委託することも多いようです。 先述のとおり、研修を主催する企業では多くのプランを準備しているので、その中から自社が必要とするリーダーシップに最適なメニューを選ぶとよいでしょう。

リーダーシップ研修を成功させるポイント

せっかく研修に参加しても、実務に活かせなければ意味がありません。リーダーシップ研修を生産性のあるものにするためには、押さえるべきいくつかのポイントがあります。

リーダーシップ開発は早めが鍵?参加対象者について
研修に参加するのは、ある程度業務を知る中堅社員や管理職クラスと説明しましたが、近年はもっと早い段階からリーダーシップ研修を受けさせる企業も増えています。 今の時代、企業を取り巻く環境の変化は目まぐるしいものがあります。そんな中、業績を伸ばし続けるためには、個々の社員がリーダーシップを発揮しての取り組みが必要とされているのです。
主に会社を引っ張っていく管理職レベルでは、そのポストに就いてから初めてリーダーシップ研修を受けるのでは、少し遅いかもしれません。役職付きとなった時点で存分にリーダーシップを発揮するためには、若手社員といわれる早い段階で研修を受けることが望ましいでしょう。
既存のリーダー育成について
既にリーダーとして活躍している人については、その後とくに研修などを受ける機会が設けられていないことも多いようです。しかし、刻々と変化する企業環境に対応しなければならない管理職こそ、定期的にリーダーシップ研修が必要でしょう。
経営陣と現場のパイプ役という大役を担っているのに、上司からの指示に対して「どうリーダーシップを発揮すればいいかわからない」ということにならないよう、既存のリーダー育成にも力を入れるべきではないでしょうか。
研修を受けたあとが大切
リーダーシップ研修を受けると、これまで漠然としていたリーダーの役割や、正しいリーダー像についての知識が深まります。しかし、知識だけあっても能力を発揮できるわけではなく、やはり実践してその結果を確かめるしかありません。
研修を受けただけで満足してしまう人もいますが、ちゃんと現場で実践してみて、評価→改善というふうにPDCAサイクルを回すのが効果的です。

まとめ

研修は一度受けて終了ではなく、できれば継続性を持っておこなうのが理想的です。しかし、スケジュールやコスト面などの問題から、長いスパンで計画するのは現実的に難しいかもしれません。

チームをけん引していくリーダーが、リーダーシップを発揮できるようになるにはどうすればよいのか。まずは今必要としているリーダーシップが何かを見極め、自社にとって役に立つ研修プランを立てることが大切といえるでしょう。

あわせて読みたい

  • 研修・合宿できる施設選びはもう迷わない。都市型からリゾートまで希望にあった施設が見つかる!研修・合宿施設検索サイトCO-MIT(コミット)

イベント・セミナー虎の巻 特別企画

  • 【初心者必読】成功するイベント・セミナーの作り方
  • 【集客セミナー塾】セミナーで大きく差がつく小さなこだわり
  • 「会議HACK!」とは?

人気記事ランキング

最新インタビュー

新着記事

会議あるある川柳(会議のオキテ)

武勇伝 語る○○に…【会議のオキテ02】

タグ

PAGE
TOP