自動でテキスト化!会議に役立つ音声議事録3選

自動でテキスト化!会議に役立つ音声議事録3選

会議のたびにつきまとうのが、「議事録」の作成。会議の種類や規模にもよりますが、会議と議事録は切っても切れない関係といえるでしょう。
議事録とは会議の概要をまとめたもので、協議内容や、どのような決定事項があったのか関係者で共有するために必要な資料です。

このように会議とセットの議事録ですが、作成にはなかなかの困難を強いられることも珍しくありません。議事録の多くは「議題・決定事項・TODO・決定に至った理由」など簡潔に記載することが多いようです。多くの発言が飛び交う会議で、重要なポイントだけを抜粋して文字にするのは意外と時間がかかるものです。

また、会議によっては、内容をこと細かに記録しないといけない場合もあります。会議が長ければ長いほど頭を悩ます人も多いのではないでしょうか。

今回のテーマは、「音声議事録」についてです。音声議事録とはどのようなものか、また、実際に提供されているサービスにはどのようなものがあるのか、いくつか紹介したいと思います。

目次

音声議事録とは

音声議事録とは、会議の音声を自動でテキスト化されるもののことです。
会話を録音するアイテムとしてはICレコーダーが挙げられますが、これだと聞きたい箇所を探すだけで一苦労です。しかし、音声議事録は会話を自動で文字起こししてくれるため、議事録作成の時短と確実性にもつながるというわけです。

音声議事録を提供している会社によっては会議のサマリーを作成してくれたり、また独自システムによって、議事録作成まで作成できるというものもあります。便利なため、近年その需要は高まりつつあるようです。

便利な音声議事録サービス

クラウド型のサービスや、ニーズに沿って細かくプラン選択ができるもの、またAI(人工知能)を使用したサービスも存在します。
では、実際にどのような音声議事録サービスがあるのか、いくつかピックアップしてみました。

AmiVoice「スーパーミーティングメモ」
スーパーミーティングメモは、クラウド上で音声をテキストに同時変換してくれる議事録作成プラットフォームサービス。スマートデバイスとマイクがあれば、会議中の会話は、リアルタイムですぐにテキスト変換されます。
スマホやタブレットといったデバイスを使用すれば、遠隔地でおこなう電話会議やテレビ会議などにも対応可能。会議の場所を選ばず使用できるので、とても便利です。
おもな特徴は以下になります。
・リアルタイムで時系列にテキスト化
・いつでもどこでも使える
・業界に特化した音声認識エンジンで誤認識を軽減
・直感的で使いやすい編集スペース
音声は、発言者ごとにリアルタイムで時系列にテキスト化されます。音声変換は、業界に特化した音声認識エンジンを使用。そのため、専門用語や業界用語も、高い精度で変換されるというのが強みです。
テキスト表示画面では、キーワード検索や発言者検索が備わっているので、すぐに探したい内容を見つけることができます。また、重要ポイントには印をつけることができるので、会議中にメモの必要がなく、印がついた箇所や検索結果だけをピックアップ表示することも可能です。
テキスト化されるだけではなく音声も録音されているので、気になる部分は繰り返し聞きなおすことができます。
スーパーミーティングメモは、編集も簡単です。テキスト表示画面の真横に編集画面があるので、必要な会話をドラッグ・ドロップし、編集しながら議事録を作成すればそれでOK。画像なども、簡単に挿入できるため直感的で使いやすく、また完成した議事録は、Word形式でエクスポートすることができます。
文字起こしサービス「MOJIMOJIくん」
MOJIMOJIくんは、文字起こしサービスの内容が充実しており、おもに4種類の中からニーズに応じたサービスを選ぶことができます。
おもな特徴は以下になります。
・いそいでMOJIMOJI:自動の音声文字起こしシステムを使用
・しっかりMOJIMOJI:自動音声文字起こしシステムに加えて、リライターのチェックが入る
・同時にMOJIMOJI:複数人のリライターでチームを結成し、現場の音声をリアルタイム視聴で文字に起こす
・現場でMOJIMOJI:会議の現場に実際にリライターを派遣し、その場でサマリーを作成してくれるサービス
いそいでMOJIMOJIは、現場の音声録音ファイル受領後、最短30分で文字起こしの納品が可能。しっかりMOJIMOJIは、システムと人を融合させたハイブリット形式のサービスで、いそいでMOJIMOJIよりも正確性がUPします。
また、同時にMOJIMOJIは、作業人数が複数人のため会議終了とほぼ同時に納品が可能。さらに現場でMOJIMOJIだと、リライターが会議のサマリーを仕上げてくれるので、重要事項や概要が一目でわかり、その後の議事録作成がスムーズに進行します。
これらのほかにも、会議資料の印刷・製本、翻訳まで引き受けるサービスも。また、さまざまな業界に精通したプロのリライターが在籍しているので、専門性が高い分野の会議も安心です。

メディアドゥ「AI要約サービス」

メディアドゥの「AI要約サービス」は、メディアにも取りあげられ今後に注目されている要約サービスの1つです。
電子書籍の要約サービスを手掛けるうちに、このノウハウを会議などの議事録つくりにも活用できないかと開発を進められているのが、この「AI要約サービス」です。

このサービスは、会議中の声をリアルタイムでテキスト化し、さらにAIにて要約までおこなうことができるのが大きな特徴。
正式な商品化はまだですが、徳島県とタッグを組んだ実証実験で結果は上々。現在本格的な実用化へ向けて現在準備が進んでいるようです。

おもな特徴は以下になります。
・音声をリアルタイムでテキスト化
・音声に対する誤変換はマーカーでチェック後簡単に修正可能
・完成したテキストを好みのボリュームに瞬時に要約することができる

使用するツールはパソコンやスマートフォンなど、マイク機能が備わっているスマートデバイス。これらで認識された音声は、Google音声認識システムにてリアルタイムでテキスト化され、発言者ごとに時系列で表示されます。
実際の音声に対し誤変換がある部分は、マーカーでチェックを入れておけば、あとから簡単に修正することが可能です。

AI要約サービスの最も優れた点は、完成したテキストを一瞬で要約できるということ。さらに、どの程度のボリュームに仕上げたいのか、元のテキストに対し10~90%の間で要約量を指定することもできます。内容のボリュームを自動で調整してくれるので、議事録の作成もスムーズにおこなうことができてとても便利です。

会議が多い官公庁関係の企業や、取締役役員会議など、重要な会議などで重宝しそうなこのサービス。実証実験をおこなった徳島県では、これまで10時間ほどかかっていた作業が、約半分の作業時間になったと報告されているようです。

まとめ

議事録は、正しい内容を記録することが必須です。ICレコーダーなどで会話を録音することが一般的ですが、後から音声を確認して議事録に仕上げるまで相当な時間を費やすことになります。

会議中、リアルタイムに近い状態で議事録をつくりたい…。そんな望みをかなえてくれるのが、音声議事録サービスの数々。うまく活用すれば、これまで膨大な時間を費やしていたのは何だったのかと思えるほど、議事録つくりが楽になるかもしれません。

  • 会議室.COMがプロデュース!研修・合宿できる施設選びはもう迷わない。都市型からリゾートまで希望にあった施設が見つかる!研修・合宿施設検索サイトCO-MIT(コミット)

イベント・セミナー虎の巻 特別企画

  • 【初心者必読】成功するイベント・セミナーの作り方
  • 【集客セミナー塾】セミナーで大きく差がつく小さなこだわり
  • 「会議HACK!」とは?

人気記事ランキング

最新インタビュー

新着記事

会議あるある川柳(会議のオキテ)

武勇伝 語る○○に…【会議のオキテ02】

タグ

PAGE
TOP