会議に役立つ!アプリ5種10選

会議に役立つ!アプリ5種10選

パソコンやスマートフォン・タブレットのアプリの中には、会議のときに役立つものが多く存在しています。会議に使えるおすすめのアプリを、「オンライン会議アプリ」や「録音アプリ」など、5種類に分類してご紹介します。

目次

オンライン会議アプリ

オンライン会議には、遠方にいる人とも、気軽に顔を合わせて会議ができるという大きな魅力があります。オンライン会議ができるアプリはいくつかありますが、その中からおすすめのものを2つご紹介します。

Skype
「Skype」は、ビジネス、プライベートを問わず、多くの人が利用しているメジャーなアプリです。会議中のデータ共有や記録、チャットなど、幅広い用途で利用ができるのが魅力です。
>>Skype公式サイト
Zoom
「Zoom」は、ホスト側がアカウントやアプリを持っていれば、ゲスト側は、アカウントを持たなくてもアクセスが可能なオンライン会議アプリです。画面の共有、録音、録画、リマインド登録など、かゆいところに手が届く、きめ細かな機能が搭載されています。
>>Zoom公式サイト

撮影アプリ

会議中に、ホワイトボードの内容をいちいちタイピングするのは、時間がかかってたいへんです。そこで役立つのが、撮影アプリです。
通常のカメラで画像として撮影するのではなく、あとで整理が楽になる会議用アプリを使いましょう。

Post-it Plus App
ポスト・イットを利用した、会議に便利なiOSアプリが「Post-it Plus App」です。このアプリを使って、ホワイトボードなどに貼られたポスト・イットを撮影すると、1枚1枚を認識し、デジタルデータ化されるため、情報管理や整理に役立ちます。
>>Post-it Plus App公式サイト
白板会議室
ホワイトボードの撮影に特化したAndroidアプリ「白板会議室」は、斜めの席から撮影しても正面に傾き補正してくれる機能や、撮影画像の上に文字を書き込める機能などを搭載しています。
>>白板会議室公式サイト

録音アプリ

会議の内容をあとからまとめるときに便利なのが、録音データです。スマホにデフォルトで入っているアプリよりも、会議の録音に適したアプリを使うのがおすすめです。

Recapp
iOSアプリの「Recapp」は、録音データにコメントやタグをつけられるため、重要なポイントの振り返りに便利です。
>>Recapp公式サイト
ALON Dictaphone
「ALON Dictaphone」は、録音時間の制限がなく、バックグラウンド録音も可能です。無音時間を自動カットするなど、録音に関する機能に特化したiOSアプリです。
>>ALON Dictaphone公式サイト

アイディア記録アプリ

「昨日、考えたアイディアがどうしても思い出せない」ということはないでしょうか。ひらめきは、そのときにすかさずメモしておくことが大切です。

PEN
「PEN」は、起動後、即入力が可能なメモアプリです。作成したメモは、そのままメールとして自分宛に送信できます。冒頭にタグを挿入することで、メーラー側で振り分けをさせることも可能。素早く手軽な操作感のメモアプリがほしい方にぴったりです。iOS、Androidそれぞれで使うことができます。
>>PEN公式サイト
WorkFlowy
メモを階層ごとに管理するという特徴を持っている、独自性の高いアプリが「WorkFlowy」です。昨日との差分を自動でメール送信する機能や、バックアップ機能などがついています。基本はブラウザー経由で使うサービスですが、iOSとAndroidのアプリも準備されています。なお、操作説明やショートカットキーは英語で、日本語には対応していません。
>>WorkFlowy公式サイト

チャットアプリ

音声だけでなく、文字を使った打ち合わせや会議の事前準備を行うこともあるでしょう。そういうときに便利なのが、チャットアプリです。

Google ハングアウト
「Google ハングアウト」は、Googleアカウントを持っている人ならすぐに利用することができるアプリです。スマホはもちろん、パソコンでも利用可能で、最大150人とのグループチャットができます。そのほか、音声通話(最大10人)やファイル送信も無料で行えます。
>>Google ハングアウト公式サイト
チャットワーク
「チャットワーク」は、ビジネスチャットに特化したアプリです。グループ内でのチャットやファイル共有のほか、個人対個人でのやりとりやスケジュール管理、タスク管理なども可能です。スマホとパソコンを連携させることで、どこにいてもすぐに情報をチェックすることができます。
>>チャットワーク公式サイト

これらのアプリをシーンに合わせて使用することで、会議の効率化を図ることができます。ただし、パソコンやモバイル機器を会議に持ち込めるかどうかは各企業の規定によって異なるため、事前に確認が必要です。社内規定に沿って利用しましょう。

  • 研修・合宿施設の本当の選び方を知ってますか?CO-MIT(コミット)

イベント・セミナー虎の巻 特別企画

  • 【初心者必読】成功するイベント・セミナーの作り方
  • 【集客セミナー塾】セミナーで大きく差がつく小さなこだわり
  • 「会議HACK!」とは?

人気記事ランキング

最新インタビュー

新着記事

会議あるある川柳(会議のオキテ)

盛り上がる 話の腰を…【会議のオキテ03】

タグ

PAGE
TOP