すぐ使える!ファシリテーターのための会議進行テクニック5選

すぐ使える!ファシリテーターのための会議進行テクニック5選

会議のクオリティを向上させるには、会議の参加者が会議の目的をしっかりと認識し、目的を達成するためのプロセスを徹底的に追求する姿勢があります。今回は事前準備から議論を活性化させる会議の進め方に関する記事をご紹介します

目次

ブレスト?オリエン?キックオフ?会議の種類は目的に合わせたスタイルを設定しよう

一口に「会議」といっても、その種類や内容、スタイルはさまざまです。会議の目的や目指すゴールに合わせたスタイルを事前に設定しておけば、参加者の選定から場所の選択、そして会議そのものもスムーズに行うことができます。
目的に合わせた会議のスタイルについて考え、必要に応じた会議スペースや貸し会議室を選ぶようにしましょう。

詳しくはこちら
ブレスト?オリエン?キックオフ?会議の種類は目的に合わせたスタイルを設定しよう

ミーティングのテーマ(議題)はどう決める?テーマ例と話し合いの方法についても

ミーティングをおこなうと決まったとき、テーマをどうすればよいか悩んだ経験はないでしょうか。テーマで重要なのは、それだけでミーティングの内容をイメージできるかどうかということです。

何について話し合うのかがすぐにイメージできるテーマであれば、事前準備がしやすく、当日の話し合いもスムーズに進められるというもの。結果として、作業効率のアップにもつながります。

そこで今回は、テーマの決め方や話し合いを効率的に進める方法など、ミーティングに役立つノウハウについて紹介します。

詳しくはこちら
ミーティングのテーマ(議題)はどう決める?テーマ例と話し合いの方法についても

意見を出し合える会議を作ろう!会議で反対意見をうまく伝える方法とは

ミーティングをおこなうと決まったとき、テーマをどうすればよいか悩んだ経験はないでしょうか。テーマで重要なのは、それだけでミーティングの内容をイメージできるかどうかということです。

何について話し合うのかがすぐにイメージできるテーマであれば、事前準備がしやすく、当日の話し合いもスムーズに進められるというもの。結果として、作業効率のアップにもつながります。

そこで今回は、テーマの決め方や話し合いを効率的に進める方法など、ミーティングに役立つノウハウについて紹介します。

詳しくはこちら
意見を出し合える会議を作ろう!会議で反対意見をうまく伝える方法とは

ランチミーティングは業務?休憩?「ブラックランチミーティング」を避けるためのポイント

チームや部内でランチをいっしょに取りながら意見を交わす「ランチミーティング」が一般的になっています。しかし、本来ならランチは業務のあいだに休憩をするもので、打ち合わせは業務時間内に行うべきものですから、「ランチ」と「ミーティング」は相反する性質を持っています。
知らず知らずのうちに「ブラック」と皮肉を言われるようなランチミーティングを開催しないよう、注意点を確認しておきましょう。

詳しくはこちら
ランチミーティングは業務?休憩?「ブラックランチミーティング」を避けるためのポイント

無駄な会議は削減!必要ない会議と有意義な会議の仕分け方

「会議を有意義なものにしたい」というのは、誰もが感じている共通の目標であるはずです。しかし、実際に参加している会議について、「すべて有意義なものである」とは言い切れない方も多いのではないでしょうか。
無駄な会議や意味のない会議に時間を費やすことなく、効率良く有意義な会議を行うためには、「必要のない=価値のない」会議を見分けるポイントを知っておく必要があります。
仮に、毎週1時間、月に4回の会議を減らすだけでも約半日分の業務時間が生まれます。準備や報告など、関連業務も合算するとそれ以上になる可能性もあります。必要のない会議の特徴をつかみ、無駄な会議を削減することで仕事の生産性を高めましょう。

詳しくはこちら
無駄な会議は削減!必要ない会議と有意義な会議の仕分け方

まとめ

ファシリテーターが場の雰囲気と参加者の様子を常に観察しながら、参加者を議論の場に引き込み、具体的な意見を出すように導くことで、参加者全員に充実した意見交換を行ったという満足感を与えることもできます。

今回ご紹介した記事を参考に、ぜひファシリテーターとしてのスキルを磨き、ワンランク上の議論を目指してください。

あわせて読みたい

こちらもオススメ

【議事録特集】無料で使える議事録テンプレート配布中!
「会議HACK!」とは?

人気記事ランキング

最新インタビュー

新着記事

会議あるある川柳(会議のオキテ)

武勇伝 語る○○に…【会議のオキテ02】

タグ

PAGE
TOP